症状別ページPage: 2 / 2

股関節のしくみ 股関節は、骨盤の「寛骨臼」という窪みに、大腿骨の「大腿骨頭」という球形がはまり込んでおり、骨盤から上の体重を支え、歩行や走行などの運動の負荷が掛かるため、腸骨大腿靭帯など、多くの強靭な靭帯によって保護され…

続きを見るarrow_forward

しくみ 腕から手、手指の痛みやしびれの症状は良くおこるもので、その原因はいくつか考えられます。 主なものに、頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアなどの整形外科領域の画像での診断がありますが、頚部から肩、腕にかけて広範囲で起こる痛み…

続きを見るarrow_forward

しくみ 坐骨神経は、腰椎部分から骨盤の間を通って、大腿、下腿へとつながっている末梢神経で、人体の中で最大の長さと太さを有する神経です。 梨状筋や内閉鎖筋という骨盤内の股関節を動かす筋肉のすき間を抜けて、大腿部の後ろを通っ…

続きを見るarrow_forward

しくみ 40歳を過ぎる頃になると、立ち上がった時や階段の上り下り時に、膝の痛みを訴える方が結構いらっしゃいます。 膝の痛みが多い理由を二つ上げるとするならば、不安定な膝の構造と、膝の痛みを手軽に解消する手段が少ないことだ…

続きを見るarrow_forward

四十肩、五十肩のしくみ 40代以降になってから起こる、肩関節の痛みです。 一般的な肩こりとは異なり、「肩関節周囲炎」と呼ばれる炎症の一種で、肩関節まわりの筋肉や靭帯、腱、関節包に炎症が起こっている状態です。 肩関節は非常…

続きを見るarrow_forward

しくみ 肩こりは人体の構造上、もはや人間の宿命といっても過言ではありません・・・。 といっては元も子もないので、出来るだけ肩こりを起こさないようするにはどうしたら良いのか、あえて一つだけ言うとするならば、それはやはり普段…

続きを見るarrow_forward

腰痛のしくみ 腰痛には大きく分けて二通りあります。 一つが急性腰痛、いわゆるぎっくり腰(急性腰痛)です。 そしてもう一つが、慢性腰痛です。 より多くの方が悩まされているのが、慢性腰痛の方です。 慢性腰痛の場合、病院のX線…

続きを見るarrow_forward

しくみ 慢性腰痛が、腰に悪影響を及ぼす生活習慣が原因で、時間を掛けてじわじわと痛みですのとは対照的に、急激に起こる「急性腰痛」もあります。 急性腰痛には様々な原因が考えられますが、最も多いのが「ぎっくり腰」です。 ぎっく…

続きを見るarrow_forward

頭痛には、大きく分けて一次性と二次性の二つがあります。 二次性頭痛とは、他の病気やはっきりした原因があり、その症状として起こる頭痛のことをいいます。 重篤性の可能性もあるので、早急に病院で受診し、原因となっている病気を突…

続きを見るarrow_forward

しくみ 眠りたいのに眠れない 夜中に目が覚めてしまう このように満足な睡眠がとれずに疲労感が抜けず、仕事や生活に支障が出てしまうような状態を「不眠症」といいます。 不眠症には大きく分けて、「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚…

続きを見るarrow_forward