膝の痛み

しくみ

40歳を過ぎる頃になると、立ち上がった時や階段の上り下り時に、膝の痛みを訴える方が結構いらっしゃいます。

膝の痛みが多い理由を二つ上げるとするならば、不安定な膝の構造膝の痛みを手軽に解消する手段が少ないことだと私は思います。

1.不安定な膝の構造

膝は、ほぼ全体重が2点にかかってくるところにもかかわらず、脛骨というすねの骨に、大腿骨が乗っかっているだけのとても不安定な関節です。

その不安定な関節を補っているのが、周りに付着している筋肉や靭帯です。

膝関節の構造

複雑すぎて、図を一見しただけだとなかなか解りずらいですよね。

膝関節が複雑なのは、不安定な関節を、強靭な靭帯と太腿の大きな筋肉でしっかりとサポートしなければならないからです。

そんな膝関節が、一番安定するポジションが膝がまっすぐな時です。

膝が曲がっている状態で立つと、膝をサポートする大腿四頭筋ハムストリングスという筋肉が、いつも緊張して疲れやすくなります。

特に、身体の土台である膝が曲がっていると、身体全体が歪んでしまいます。(上図、左側)

膝がまっすぐな状態で立つと、大腿の筋肉がリラックスできます。(上図、真ん中)

なぜ膝が痛むのか?

多くの方が、関節内の軟骨のすり減りによる損傷と思われていますが、実際はほとんどが、膝周りの筋肉の硬直によるトリガーポイントが原因です。

(*ご高齢者や、スポーツなどで膝を損傷した経験のある方などは、病院での検査が必要です。)

2.膝の痛みを手軽に解消する手段がない

多くの方が、膝の痛みの原因が関節内部にあると思い込んでいるため、自分では手の施しようがないと思っているから解消方法が見つからないのだと私は思います。

関節内部の炎症が痛みの場合、普通は炎症を抑えるため、安静にしようとしますが、筋肉の硬直が真の原因ならば、それは逆効果です。

膝を動かしている大腿四頭筋ハムストリングスを、出来るだけストレッチしたり、ウォーキングなどで運動することが解消法となります。

解消方法

1.痛みを取り除く

膝に痛みがあると、動きがぎこちなくなり、他の部分にも負担が掛かるので、まずは原因を突き詰めて、痛みを取り除くことが先決です。

筋肉の硬直が原因である場合、トリガーポイント療法が有効です。

特に、膝のお皿の周りに痛みがある場合、大腿四頭筋のトリガーポイントが痛みを出しているケースが多くあります

大腿四頭筋トリガーポイント

大腿四頭筋の他にも、ハムストリングス内転筋大腿筋膜張筋なども、膝に痛みをことがあるので、触診して痛みが感じるようであればアプローチする必要があります。

痛みが解消され、ストレスなく動けるようになったら、ストレッチやウォーキングなど、運動療法も取り入れると良いでしょう。

2.立ち姿勢をチェックする

  1. 脚全体が左右対称で、真っすぐになっているか?
  2. 膝の向きが正面を向いている?
  3. O脚、X脚になっていないか?

1点でも疑わしければ、腰から臀部の筋肉も固くなっていることが考えられます。

腰や殿筋へのアプローチも併せて行いましょう。

3.運動する

膝の痛みの場合の運動療法は、基本的にストレッチとウォーキングです。

姿勢のチェックを疎かにして無理に運動すると、かえって痛みが増してしまうことがあるので、骨盤周りのアライメントをしっかり整えてから、ウォーキングなど運動することが大切です。

ウォーキングは、脚全体の運動です。

膝が痛いからと、膝関節だけストレッチするのではなく、股関節や足首もしっかり柔軟性を保てるようにストレッチしましょう。

大腿四頭筋のストレッチ

もし、下記のようなお悩みがあれば、すまいぶりぃ整体院にご相談ください。

  • 歩き始めに膝が痛い
  • 階段を使うと膝が痛い
  • O脚が気になる
  • 足のむくみやだるさが消えない
  • 正座やあぐらがかけない

お気軽に、お電話もしくは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。