股関節の痛み

股関節のしくみ

股関節は、骨盤の「寛骨臼」という窪みに、大腿骨の「大腿骨頭」という球形がはまり込んでおり、骨盤から上の体重を支え、歩行や走行などの運動の負荷が掛かるため、腸骨大腿靭帯など、多くの強靭な靭帯によって保護されています。

股関節は「球関節」という関節で、いろいろな方向に自由に動かせる特徴があります。

大腿骨頭には、大腿骨と骨盤をつなげている大腿骨頭靭帯も存在しています。

これは骨盤周りを前から見た図ですが、股関節には数多くの筋肉が覆い、体重を支え、運動を支配しています。

股関節には、常に重い体重が掛かっているうえに、歩行など基本的運動の要になっている為、運動不足や姿勢の悪化などにより、痛みなど起きやすく、その症状は、血流不足による大腿骨頭壊死症、加齢や肥満などによる変形性股関節症などいくつかあります。

また、筋肉も疲労しやすく、硬くなり柔軟性が失われることにより、痛みや運動機能が衰える原因となることがあります。

大腿骨頭壊死症

大腿骨頭壊死症とは、大腿骨の骨頭に十分な血液が通わなくなることにより骨頭が壊死してしまう疾患です。

壊死しても、無症状である状態と、壊死部分の骨頭が潰れて痛みが生じる状態の二段階があります。

痛みは、股関節を内側にひねる時に増強されます。

膠原病によって起こることが多いとされますが、アルコールの過剰摂取や、ステロイド剤の服用も関連されていると言われています。

変形性股関節症

変形性股関節症とは、関節内の軟骨が摩耗することで、骨棘と呼ばれる骨の出っ張りが表れ、股関節が変形し、炎症性の痛みが生じる疾患です。

多くは、加齢や肥満、その他外傷が原因となります。

変形性股関節症の痛みは、鼠径部から大腿の内側、臀部から大腿の後ろ側などに出ることが多いです。

筋肉が原因の股関節痛

腸腰筋

デクスワークや車の運転など、長時間座っていることが多い場合、股関節が常に屈曲している状態の為、腸腰筋という筋肉が短縮して硬くなってしまいます。

腸腰筋は大腰筋、小腰筋、腸骨筋の3つに分けられ、大腰筋と小腰筋は腰椎(腰の骨)と小転子(大腿骨の内側)につながり、腸骨筋は腸骨稜(腰骨の内側)と小転子につながっています。

腸腰筋が硬くなると歩行時や立ち上がり時などに、短縮した腸腰筋が許容範囲以上に一気に伸ばされ、股関節に痛みが生じることがあります。

また、股関節の可動域も低下してしまうので、腰や膝の動きも悪くなり、股関節以外のところも痛みが生じやすくなります。

腸腰筋の硬直防止には、座る時間を極力短くし(30分に1回は立ち上がって5~10分ほど歩く)、股関節を伸ばすストレッチをすることがお勧めです。

腸腰筋ストレッチ

また普段の歩行時も、股関節を伸ばす意識をもっていると、腸腰筋ストレッチの効果があります。

 

腸腰筋以外の筋肉

腸腰筋以外で股関節痛に関与する筋肉としては、太腿と臀部の筋肉があります。

大腿の筋肉では、大腿直筋、大腿二頭筋(外側広筋と内側広筋)、内転筋、恥骨筋などが挙げられます。

股関節を動かした時、大腿の筋肉に柔軟性がなくなると、筋肉が許容範囲以上に引っ張られ痛みにつながります。

また、臀部の筋肉では、大殿筋、中殿筋、小殿筋、梨状筋などが挙げられます。

腸腰筋や大腿、臀筋群に形成されるトリガーポイントには、股関節付近に関連痛が生じることがあります。

腸腰筋トリガーポイント
大殿筋トリガーポイント

上の図は、✖印が筋肉のコリ(トリガーポイント)を示し、赤い部分が痛み(関連痛)を示しています。

すまいぶりぃ整体院では、これら股関節痛に関係する箇所に押圧(触診)を掛けていき、痛みの再現を狙いながら原因を突き詰めていきます。

そして痛みの原因を特定しゆっくり押圧を掛け、トリガーポイントを除去し痛みを取り除いていきます。


もし、下記のようなお悩みがあれば、すまいぶりぃ整体院にご相談ください。

  • 立ち上がった時、脚の付け根に痛みを感じる
  • 歩行時、脚の付け根が引っ張られる感じで痛むことがある
  • 脚を引きずったり、つまずくことが多い
  • 脚の筋肉が衰えたと感じる
  • デスクワークが多く、姿勢が悪いと感じる

お気軽に、お電話もしくは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。