肋間神経痛

しくみ

「肋間神経痛」は特定の疾患名ではなく、様々な原因で起こる胸神経の領域の痛みとしての診断名です。

脊髄から出た胸神経は、12対の各肋骨の下縁を走行し、関節や筋肉、皮膚、胸膜などに分布するほか、交感神経ともつながっていて、心臓や肺にも分布しています。

このため、これらの部位に何らかの障害があれば、「肋間神経痛」として痛みを感じることになります。

原因

「肋間神経痛」の原因としては、

  1. 肋骨の骨折などの外傷
  2. 椎間板ヘルニア
  3. 側弯症
  4. 脊椎の腫瘍などの脊椎疾患
  5. 帯状疱疹関連痛などの感染症
  6. 胸膜炎、肺がんなどの胸腔内の疾患

などが挙げられます。

また、これらの疾患や器質的な異常が見られなくても発症することがあります。

病院で検査をして、上記のような原因が見当たらない場合は、次のようなことも考えられます。

  • ストレスなど心理社会的要因
  • 悪い姿勢を長時間続けること、などによって起こる肋間神経への圧迫
  • 周辺筋肉が硬くなり血流障害を起こし、それによって産生される発痛物資が肋間神経を刺激
  • 筋肉内に形成された「こり(トリガーポイント)」による関連痛

肋間神経痛の痛み

肋間神経痛の痛みは、胸部だけではなく、背中や肩にも痛みが起こります。

どの肋間神経にも痛みは起こりますが、最も多く痛みが起こるのが上から第5~第9の肋間神経です。

障害を受けた肋間神経の支配領域に痛みが起こるため、広範囲ではなく、比較的局所的で明確な痛みとなります。

咳などをして肋骨に衝撃が加わったり、深呼吸をして胸部が動くと痛みが増強します。

その他、前かがみになったり、寝返りをうったりした時も痛みます。

心理社会的要因による肋間神経痛は、ズキズキした痛みですが、発作的な痛みですぐに治まります。

しかしそれ以外の場合は、どれも同じような痛みでかなりの激痛となります。


肋間神経痛を病院で検査してもはっきりとした原因がわからない場合は、筋肉が原因かもしれません。

そしてもし、下記のようなお悩みがあれば、すまいぶりぃ整体院にご相談ください。

  • 長時間パソコンを使うと肩が凝り、背中がズキズキと痛みだす
  • 前かがみの姿勢になると、胸が痛む
  • 肋骨に沿うように激しい痛みがです
  • 上半身を起こしたりひねったりすると、ヒリヒリとした痛みが出る
  • 深呼吸や声を出す時、上半身の左右どちらかに痛みが走る

お気軽に、お電話もしくは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。