眼精疲労

症状

目が疲れる、かすむ、目の奥が痛む、まぶしい、充血など。

単に目の疲労というより身体的、精神的疲労が反映されている場合も多くあります。

原因

目自体に原因がある場合

  1. 近視・乱視・老眼・遠視などの屈折異常
  2. ドライアイ
  3. 緑内障
  4. 斜視・斜位
  5. 視神経や網膜などの病気
  6. 紫外線の影響  など

身体の病気が目に現れている

  1. 風邪やインフルエンザ
  2. 更年期障害
  3. 自律神経失調症
  4. 虫歯や歯周病
  5. 耳や鼻の病気   など

目の使い過ぎによる視神経の問題

目は使えば使うほど疲労します。

社会の情報化が進み、パソコンやスマートフォンの使用など、目を酷使する環境が過酷になり、今後ますます眼精疲労になることが多くなることが予想されます。

精神的ストレス

ストレスが強くなると、不安感が異常に強まり、イライラして落ち着かなくなったり、眠れないといった神経的症状が現れる一方で、身体に対しても、高血圧、血行不良、胃潰瘍といった様々な病気を引き起こします。

その一つとして、眼精疲労が起こることがあります。

原因がいくつか重なって症状を悪化させる

以上のように、眼精疲労には大きな4つの原因が隠されていますが、これら一つだけが該当しても、目の疲れは起こっても、なかなか眼精疲労にまで至ることは少なく、眼精疲労を引き起こすいくつかの小さな原因が重なって目の負担が増え、眼精疲労になります。

従って、一つの大きな原因となる病気を治しても、眼精疲労が治まらないケースが多くあり、そのような場合は、問診や検査などで考えられる原因を洗い出し、症状が治まるまで治療していきます。

治療

目そのものの治療は、まずは眼科医に指示に従って行うことが先決です。

そして何も考えられる病気が見つからず、長時間のパソコン操作で慢性的に首や肩のコリがある場合は、頸肩部の筋肉のトリガーポイント(筋肉のコリ)が目に影響を及ぼしている場合があります。

筋肉のトリガーポイントによる症状は、眼精疲労だけではなく、目の痛みや視力の低下、かすみ目やドライアイなど、様々な症状に感じることがあります。

痛む箇所もその日によって、目の奥だったりまぶた周辺だったり、こめかみのあたりだったりすることがあります。

トリガーポイイントは触診によって見つけることが出来ます。

手指で軽く押圧を掛けて目に痛みが出ると、そこが関連痛と痛みの原因のトリガーポイントということになります。

すまいぶりぃ整体院では、完全手技療法でトリガーポイントを除去する施術(トリガーポイイントセラピー)を行っています。

そして、全身の血流を上げて副交感神経を優位にし、リラックスさせることにより、自然治癒力の向上を促進していきます。


もし、下記のようなお悩みがあれば、「すまいぶりぃ整体院」にご相談ください。

  • 1日中パソコン作業で目が疲れる
  • 目がかすんで目薬が欠かせない
  • 夕方以降になると視力が低下する
  • 常に肩こりがひどく、寝ても治らない
  • 最近、眠りが浅い

お気軽に、お電話もしくは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。