手足の冷え(冷え症)

しくみ

寒くなるとある程度手足が冷たくなることは当然のことですが、外気温にあまり関係なく、手足の先端が極端に温まりにくく、慢性的に冷えている感覚がある場合、それを「冷え症」といいます。

身体の内部から冷えている為、夏でも冷えていたり、少し体を動かしたり、一時的な入浴ぐらいではなかなか温まりません。

人間には元々、外気温が変化しても体温を一定に保とうとする「恒常性」という機能が備わっています。

寒い時に筋肉を震わせたり、暑い時に汗をかいたりすることで体温を一定に保つように調節しています。

寒い時に皮膚が寒さを感じると、その情報は自律神経の中枢である脳の「視床下部」へ伝えられ、体温を一定に保つよう指令が出されます。

すると、血管を収縮して血流を抑えることで、皮膚の表面温度を低くし、体内の熱を外へ逃がさないようにします。

逆に、暑い時は体温の上昇を防ぐ為、血管を広げ血流を増やし、皮膚の表面温度を上げたり、汗をかいたりして熱を放出しています。

原因

冷え症は、体温調整機能がうまく働かないときに起こりやすく、原因としては次のようなことが考えられます。

自律神経の乱れ

ストレスや不規則な生活習慣などにより、体温調整の指令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。

また、寒暖差の激しい室内外を行き来していると、自律神経の機能が乱れやすくなります。

これが夏の暑い時でも冷え症が起こる原因です。

皮膚感覚の乱れ

きつい下着や靴などで締め付けると血流が悪くなり、「寒い」と感じる感覚が麻痺してしまうことがあります。

その為に、体温調節の指令が伝わりにくくなり、それが冷え症の原因になることがあります。

血液循環の悪化

貧血や低血圧など、血管系の疾患がある人は、毛細血管までの血流が滞りがちになり、冷え症の原因になります。

女性ホルモンの乱れ

ストレスや更年期などにより、心と体をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れると、血行が悪くなり、冷え症の原因となります。

筋肉の質と量

女性は男性に比べて筋肉量が少ない為、冷え症になる傾向が多くあります。

女性だけでなく、運動不足の人も総じて筋肉量が不足していて、冷え症になりやすいです。

また、デスクワークや立ち仕事などで筋肉が疲弊し硬くなってしまうと、筋繊維が硬く膨張し、毛細血管を押しつぶし、手足の末端まで血液が行き届かなくなり、冷えの原因になることがあります。

特に寒い時は、体の中心部に血液を集めて、体温を維持しようとする為、より末端に血液が行き渡りづらくなり、冷えを強く感じるようになります。

予防

現代の冷え症の原因の8割が、

  • ストレスによる、自律神経の乱れ
  • 筋力(質と量)の低下による、血流の悪化

と言われています。

従って、冷え症を予防することでまず大事なことは、

  1. 身体を温めて、リラックスすることを心掛ける。
  2. 有酸素運動やストレッチで、体を温め、筋肉をほぐす。
  3. 下半身や体幹の筋肉を重点的に鍛える。
  4. バランスの良い食事を心掛ける。
  5. 適度な運動と良好な睡眠を意識し、メリハリのある生活リズムを心掛ける。

もし、上記の予防策を講じても、下記のようなお悩みがある方は、「すまいぶりぃ整体院」にご相談ください。

  • デスクワークが多く、肩こりが酷い。
  • 運動不足で筋力の衰えを感じる。
  • 眠りが浅く、朝起きても疲れが抜ききれない。
  • 入浴や着込んで体を温めようとしても、体の冷えが治まらない。
  • 夏でも手足の冷えが治まらない。

お気軽に、お電話もしくは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。