坐骨神経痛

しくみ

坐骨神経は、腰椎部分から骨盤の間を通って、大腿、下腿へとつながっている末梢神経で、人体の中で最大の長さと太さを有する神経です。

梨状筋や内閉鎖筋という骨盤内の股関節を動かす筋肉のすき間を抜けて、大腿部の後ろを通って、ふくらはぎや足先までつながっています。

この坐骨神経に障害が生じると、臀部から太ももの後ろ、ふくらはぎの外側にかけて生じる痛みやしびれを、坐骨神経痛といいます。

ちょうど上の図のような痛みを発します。

「坐骨神経痛」は病名ではなく、様々な原因によって生じた坐骨神経の障害で現れる症状の総称です。

その原因となる疾患は、主なもので腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症脊椎分離症すべり症などがあります。

また、坐骨神経の通り道にある梨状筋が緊張することで坐骨神経を圧迫して痛みやしびれを出す梨状筋症候群臀部の筋肉に生じるコリ(トリガーポイント)が原因で起こる関連痛など、筋肉の障害が坐骨神経痛の原因となることもあります。

椎間板ヘルニア

椎体と椎体の間にある椎間板が、後方に突出または脱出して、神経を圧迫して起こります。

第4-第5腰椎間に最も多く出ます。

 

脊柱管狭窄症

先天的に、または加齢に伴い生じたとげ状の骨(骨棘)や黄色靭帯の肥厚が、馬尾神経を収める脊柱管を狭くして神経を圧迫する。

脊椎分離症とすべり症

脊椎の上下の関節突起の間で骨が分離するのが分離症、分離して上の椎骨が下の椎骨に対して前方(お腹側)にすべり出すのがすべり症です。

変形性脊椎症

加齢に伴って、椎体の表面にできるとげ状の突起(骨棘)によって神経が圧迫されます。

梨状筋症候群

仙骨と大腿骨を結ぶ梨状筋が固くなると、骨盤と梨状筋の間を通る坐骨神経が圧迫され、坐骨神経痛を出すことがあります。

また、梨状筋のトリガーポイントにより、臀部から大腿後ろ側に坐骨神経痛のような痛みを出すこともあります。(上図左側)

 

 

中殿筋、小殿筋トリガーポイント

臀部には股関節を動かしている、大殿筋、中殿筋、小殿筋と三層構造の筋肉がついています。

そのうち、深層部の中殿筋や小殿筋のトリガーポイントには、坐骨神経痛のような関連痛を出すことがあります。

解消方法

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、脊椎分離症やすべり症のように、骨格の変形により、神経を圧迫している場合、痛みの原因となっている骨格の変形を手術によって治さないと、痛みは消えないと考えられます。

しかし実際は、骨格の変形が痛みの原因とは限らないことがあります。

つまり、手術をしても痛みが消えないことがあるのです。

手術という大きなリスクを考えると、出来れば避けたいことです。

なので、治療の順番としては、手術は最後の手段にするべきです。

梨状筋症候群小殿筋トリガーポイントの治療法は、筋肉へのアプローチが主流になります。

まずはリスクが少ない筋肉へのアプローチから入るべきではないでしょうか。

すまいぶりぃ整体院では、坐骨神経痛の症状の場合、臀部や大腿の筋肉、股関節の動きなどを診て、痛みの原因を追究していきます。

特に、梨状筋や中殿筋、小殿筋の状態を見て、アプローチしていきます。

症状が少しでも和らぐようであれば、数日からひと月ほどを目安に治療計画を立てて、お客様にお伝えしていきます。


もし、下記のようなお悩みがあれば、すまいぶりぃ整体院にご相談ください。

  • 歩き始めると、脚にしびれが出る
  • 座っている時間が長くなると、お尻が痛くなる
  • 最近運動不足で、足腰の筋肉が衰えてきた
  • 立ち仕事が多く、腰から足にかけて痛くなることがある
  • 歩いてたり走ったりすると、腰や股関節が痛くなる

お気軽に、お電話もしくは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。