むくみ

むくみのしくみ

むくみとは、血液中の水分が必要以上に血管の外に漏れだし、皮下の細胞と細胞の間に水分が余分にたまった状態のことをいいます。

医学用語的には「浮腫」といいます。

むくみは日常的によく起こる症状で、一般的に女性が多いようですが、よく歩く営業職や長時間立ち続ける仕事の男性にも起こりやすいです。

立ち仕事で足首をあまり動かさないと、ふくらはぎやすねの筋肉が使われず、血液を心臓に戻す作用が弱くなります。

夕方になると、靴下のゴム跡がくっきり残ったり、靴が窮屈に感じたりする経験は誰にでも起こりうることですが、これは病気ではなく、生理的に自然に起こる現象と言えます。

その一方で、心臓や腎臓などの内臓機能が原因で起こる、重大な病気が潜んでいるむくみも存在します。

病気というほどではない「むくみ」と、重大な病気が原因で起こる「むくみ」は、症状の現れ方である程度判断がつきます。

  1. 一日中むくんでいるか? 夕方以降に疲れがたまってくるとむくみだすか?
  2. むくみは脚だけであるか? それとも顔やまぶたもむくんでいるか?
  3. むくみとともに、体重が増加していないか?
  4. むくみとともに、なんとなく疲れがたまっていないか?
  5. 尿の出が悪くなっていないか?
  6. 坂道や階段の上り下りなどの軽い運動にもかかわらず、動悸や息切れが伴っていないか?

むくみといっても、症状が出る時間帯や、体のどの部位に現れるのかなど症状は様々です。

健康な人の一般的なむくみか、または重い病気があり、他の症状を伴っているむくみなのかによって、その対処が大きく異なってきます。

むくみの原因

自然なむくみ、病気とは無関係なむくみ

  1. 立ち仕事や長時間の同一姿勢によるむくみ・・・運動不足により筋肉を使わないと、重力の関係で脚から心臓へ血液が戻りにくくなります。
  2. 健康な(特別な持病のない)女性によくみられるむくみ・・・筋肉量やホルモンバランスにより、女性の方がむくみやすい傾向にあります。
  3. 水分、塩分、アルコールの過剰摂取によるむくみ・・・体内に水分や塩分がたまりすぎるとむくみやすくなります。
  4. ストレス、自律神経の乱れによるむくみ・・・ストレスにより、自律神経が乱れ、血流が悪くなり、むくみの原因となります。

病気が原因で起こるむくみ

  1. 心臓病 : 心臓の機能が低下し、血流が悪くなる。
  2. 腎臓病 : 血液中のたんぱく質が尿に漏れ出る。
  3. 肝硬変 : 血液中のたんぱく質を作る機能が低下する。
  4. 妊娠高血圧症候群 : 高血圧と蛋白尿によりむくむ。
  5. 甲状腺機能低下症 : 甲状腺ホルモンが少なくなる。
  6. リンパ浮腫 : 乳がんなどの手術でリンパ節を除去した際に起こるむくみ。
  7. 深部静脈血栓症 : 静脈に血栓ができ、血流不足になる。
  8. エコノミークラス症候群 : 長時間のフライトなどで座席に同じ姿勢のままでいると、下肢の静脈に血栓が出来、その血栓が移動し肺を詰まらせる重篤な病気。呼吸困難や胸痛などの症状を伴う。

むくみの対処法と予防

心臓病、腎臓病、肝硬変など、病気が原因で起こるむくみの場合は、まずはその原因となっている病気を、主治医の指示に従って治療することが先決です。

健康な人に起こる、病気に関係のない自然なむくみの場合は、日常生活の中でむき身を予防・解消することが重要です。

  1. 長時間立ち仕事や座り仕事をする時は、こまめに姿勢を変えたり、ストレッチをしたりして筋肉を動かし、血流を促す。
  2. 仕事中は屈伸運動などで、特に足首をよく動かす。
  3. 入浴時はゆっくり体を温めながら、ふくらはぎをストレッチする。
  4. 塩分を控えめにする。
  5. たんぱく質やミネラル不足に注意する。

上の図は「カーフレイズ」と呼ばれる、むくみを予防するつま先立ち運動です。

ふくらはぎの筋肉を伸縮させることにより、下肢にたまった血液を心臓に戻し、血流を促します。

立って行うのが辛い人は、座りながらでもできます。

かかととつま先を交互に上げるとより効果的です。

むくみが酷くなってくると、上記のような対処をしてもなかなか効果が得られないことがあります。

それは、ふくらはぎやすねの筋肉(腓腹筋・ヒラメ筋・前脛骨筋など)がガチガチに固まって、足首の可動域を狭めているので、運動効果が失われているからです。

そのような、しつこいむくみにお悩みの方は、すまいぶりぃ整体院にお任せください。

すまいぶりぃ整体院では、第2の心臓と言われているふくらはぎの筋肉を中心に、むくみの原因を追究し、症状を緩和させる手技に長けています。


もし、下記のようなお悩みがあれば、「すまいぶりぃ整体院」にご相談ください。

  • マッサージやストレッチをしても、こむら返りをよく起こす
  • 脚(特に膝から下の下肢)のむくみ、冷えが慢性的にある
  • 歩く頻度が少なく、筋肉量が落ちた
  • 夕方になると、靴がきつくなる
  • 冷え症である

お気軽に、お電話もしくは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。