顎関節症

しくみ

あご周辺の痛みを一般に、「顎関節症」 といいます。

  1. あごのあたりの顔面痛
  2. あごの運動障害
  3. 動かしたときのあごの雑音

これが顎関節症における三大症状といわれて、主に、そしゃく時やあくびをした時などに生じます。

また人によっては、肩こりや腕のしびれ、頭痛が伴うこともあります。

原因としては、

  1. 緊張しやすい環境
  2. あごに負担が掛かる動作

が挙げられます。

緊張しやすい環境因子として、

  • ストレスが掛かる仕事
  • 多忙な生活
  • 対人関係における緊張

あごに負担が掛かる動作因子として、

  • 固いものの咀嚼
  • 長時間の咀嚼
  • 長時間のデスクワーク
  • 重いものの運搬
  • ある種のスポーツ

などが挙げられます。

これらの共通因子によって、

  • 歯を食いしばる
  • 歯ぎしり

のような動作が、顎関節症の原因と考えられます。

病態については、以下の4つに分類されています。

  1. Ⅰ型の「咀嚼筋痛障害」・・・咀嚼筋の痛みと、それに伴うあごの運動障害が生じるもので、筋および筋膜による痛みです。
  2. Ⅱ型の「顎関節痛障害」・・・あごの運動による関節の痛みで、運動機能障害です。
  3. Ⅲ型の「顎関節円板障害」・・・顎関節円板の位置や形状の異常によって生じます。
  4. Ⅳ型の「変形性顎関節症」・・・顎関節の軟骨や関節円板、滑膜、下顎骨が変形することで起こります。

 

額関節は、側頭骨の下顎窩という凹みに、下顎骨の下顎頭がはまり込んで出来ている関節で、関節包に包まれています。(上の図は関節包が取り除いた状態です。)

関節包の内部は、繊維軟骨でできている関節円板によって、あごの運動がスムーズに行えるようになっています。

 

咀嚼筋は、下顎骨を動かす筋肉の総称で、一般に、咬筋、側頭筋、翼突筋(外側翼突筋と内側翼突筋)の4つがあります。

解消法

顎関節症は、歯科・口腔外科の領域になります。

顎関節症の明確な治療法は確立されていませんが、一般的に次のような治療法があります。

1.薬物療法

顎の痛みを薬で抑えます。

2.理学療法

電気を流したり、マッサージしたりして、あご周辺の筋肉の緊張を改善します。

3.運動療法

ずれてしまった関節円板を元に戻すような運動を行ったり、関節の可動域を広げるストレッチを行います。

4.スプリント療法

マウスピースを装着して、食いしばりを回避し、顎関節をリラックスさせます。

 

 

すまいぶりぃ整体院では、適度な強さ(イタ気持ち良い強さ)の手技押圧で、痛みの元となっている筋肉のコリ(トリガーポイント)を取り除き、痛みを解消いたします。

側頭筋トリガーポイント
咬筋トリガーポイント

咀嚼筋のトリガーポイントには、歯の痛みやあごの痛みとなる関連痛があります。

そして、痛みが再発しないように、生活習慣の見直しや、関節の動きをつける効果的なストレッチをお伝えします。

 


もし、下記のようなお悩みがあれば、すまいぶりぃ整体院にご相談ください。

  • 睡眠時によく歯ぎしりをする
  • 無意識に歯を食いしばる
  • 食事中に歯やあご周辺が痛む
  • 顎を動かすとゴリゴリ音がする
  • 慢性的に肩こりや首コリ、頭痛がある

お気軽に、お電話もしくは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。